第115回有田陶器市 動画

有田陶器市とは

What's TOUKIICHI

有田陶器市の歴史

その昔、有田は弘法大師開山の黒髪山にやって来るお遍路さんたちの通り道。

窯元や商家の人たちは、お遍路さんのため半端物や等外品をざるや箱に入れて売りました。ささやかですが、今の陶器市にも通じる風景です。

明治29年、深川栄左衛門と田代呈一の主催で陶磁器品評会が開かれました。その後、この品評会と同時に開催されるようになった蔵ざらえ大売出しが陶器市のはじまりです。

4月29日~5月5日の会期中は、町内一円にわたって店が並び、いつもは静かなやきものの里もこのときばかりは大いににぎわいます。 人出は九州を中心に、全国から約120万人。 磁器製品の安さ、豊富さ、そして独特の活気が毎年多くの人々を有田へと誘います。

ありたんも皆様をお出迎え

佐賀県警察音楽隊パレード

皿山商店会の朝がゆ

バグパイプパレード

どれにしようかな?

新緑や花々も美しい有田

風鈴の澄んだ音に癒される

トンバイ塀 CAFE DE ARITA

ちっちゃい子も夢中なお茶碗

器とおそろいのネイル

特価品があるのも魅力

皿かぶり競争

 

4月に入るとどこかソワソワしている。有田町ではそんな人が多い気がします。

もちろん、窯業界にかかわりがない人もいますが、ゴールデンウィークの有田陶器市の期間だけは親戚の家に手伝いに行って売り子をしたり、歩行者天国になった通りを散歩がてら歩いたり。小学生同士で陶器市探検をして育ったりと、長年続いている歴史があるからこそ、思い入れが強い人が大勢いるのです。

それだけ、私たちにとっては日常であり、特別なイベントであり、文化でもある。それが有田陶器市かなと思います。

 

日本中、世界中が大変な事態となっており、皆様が自粛の日々をおくっておられますが、Webを通して、毎年来ていただいている皆様や全国のやきものファンの皆様に器をお届けできる機会ができたことが大変嬉しいです。また、企画発表からSNSなどでのあたたかいお言葉いただいています。反響の多さに本当に励まされています。ありがとうございます。

 

このWeb有田陶器市を通して、少しでも陶器市気分を味わっていただき、食卓や日常を彩るお手伝いができるようにと願っております。

そして、一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

  • 有田町 ふるさと納税 佐賀県